自己肯定感向上

『若さ』は、なにから作られる?

 

こんにちは。

女性の自己肯定感向上が、子どもの未来を創る❤︎
考えかたから世界を変える専門家、須田茉莉です。

*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*

単刀直入に、伺います。
あなたは、「若い」ですか?(*´꒳`*)

普段から、年齢がわかりづらいと言われがちなわたしですが(笑)
先日、わりと真剣な顔で聞かれたことがあります。

どんなお手入れしていますか?
どこのエステにいってるんですか?

いえ、お手入れは、何もしていません(笑)
↑これ、ほんと。

だから、教えてくださいと言われても、お伝えできるものはない。

うーん、確かに気をつけていることはあるけれど、
肌に対してのお手入れは、ほんとに特別なことは何もしていないのです。

じゃあ、何に気をつけているのか。

このコラムが、「若さ」を求めるあなたに、参考になれば幸いです❤︎

お手入れをしないわけ

まずはお手入れの件から。
今使っているお手入れは、化粧水とクリームのみ。

品質も、高機能化粧水ではなく、まあ、普通の化粧水です。

特に最近は、シミケアも、美容液も、
その他よくわかんない色々も使わないようにしています。

髪の毛も、染めずに地毛のまま。
(ちょっと白髪出てきました・・・)

でも、行けるところまでは、このままで行く所存です!

この自然主義?ともいえる行動、
これには、わたしなりのポリシーがあります。

だって、

『一般的な』年齢に応じたお手入れをする

=その商品を使わないと
若さを保てないという世界に生きているということ。

 

じゃないですか。

そんなの受け入れられません!!!

ということなのです(笑)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

そう、現代は、TVCMでも、雑誌でも、
そして化粧品からのDMからも情報があふれています。

でも、

●歳になったら、○○が不足する。
▲歳になったら、××のようなお手入れが必須。

って、本当なんでしょうか

もちろん医学上の考察もあるとは思いますが、
ここ最近の高機能化粧品の情報を見ていると、
化粧品を売りたい企業が、消費者の不安を煽っているだけじゃないか
と思われるようなCMや商品説明を見かけます。

でも、

「年齢化粧品を使わなくても」
「エステに通わなくても」
「ビタミン剤などを飲まなくても」

わたし自身の細胞が衰えなければいい話だと思いませんか?

お手入れの代わりになにしてる?

そして、年齢に応じた化粧品を使ったり、
サプリなどを飲む代わりにやっていること。

それは大きく2つあります。

1つめは、日常生活から❤︎

1つめは、栄養は出来るだけ自然な食品から摂ること。

簡単にいうと、サプリには頼らず、
ビタミンはお野菜から摂る、主なミネラルもそれぞれの食品から摂る。

こう聞くと、ちょっと難しそうに聞こえるかもしれませんが、
今、自分が選べる中で、一番自然でバランスの良い食事を選択するだけ。

これだと、超簡単!です。

例えば、外出中30分の食事時間が取れるのであれば、
30分で食事を終えることができるお店の中で、
一番バランスの良いメニューをいただけそうなお店に行く。

場所や時間に制約があり、テイクアウトしか道がない場合も同様です。

選択肢の中から、まずはバランスを優先して食べるものを決めますが、
添加物は出来るだけ避けたいので、「コンビニで買う」という選択は、
最後の最後まで取っておきます。

そして、同じような条件で食べるものに迷えるという幸せな状況だったら、
もちろん食べたいものを優先する。

これだけで、摂取できる栄養は、かなり増えるんですよ❤︎

2つめは、考えかたから

そして、2つめ。

実はこれが最大のコツなんじゃないかな〜と思っていることがあります。

それは、自分は若いと思うこと(笑)

わたしは、28歳ぐらいのときに
「自分は実年齢より10歳若く生きていく」と決めました。

これは、美容の観点から発生した発想ではなかったのですが
(実際その時点では20代でしたし笑)

実際に、10歳若く振る舞うようにしたのです。

洋服も、お化粧も、考え方も、立ち振る舞いも
マイナス10歳でいることにしてしまいました。

なぜなら、わたしの18〜28歳ぐらいまでの10年間は、
わたしにとって、ポジディブな時期ではなかったから。

病気も多かったし、お金もなかったし、愛情にも恵まれなかったし、
遊ばなかったし、もちろん旅行にも行けなかったし、
もう、単純にやりなおしたくなったのです(笑)

そこで、もう一度、20代を楽しみます!宣言。というわけです。

ただ単純に、生活を楽しむだけが目的なので、
少し経つと若く振る舞うことがあたりまえになりました。

なので、あまり意識することなく、
マイナス10歳の状態を、心身ともに作れたのではないかな。と思います。

多分この「心底10歳若いと決めてしまう」(それも邪念なしに)ということが、
最大のコツなのではないかと。

脳を騙せちゃうわけですね。うふふ。

ということで、
今は40代半ばですが、さらに人生を今以上に楽しむために、
今日から、マイナス15歳と決めて生きていこうかと思います(*´꒳`*)

おわりに

いかがでしょうか。

世界は「あなたがどう捉えるか」「どう考えるか」でできています。
そして、わたしは、「考えかたが世界を変える」と知っています❤︎

なぜなら、わたし自身が、どんどん世界を変えてきたから

まずは、わたしの考えかたを知り、幸せになりませんか?
幸せになりたいあなたのサポートができれば、幸いです❤︎

 

<自己肯定感を向上して、幸せになりましょう❤︎>
●セルフキュアで軽やかに生きる5つの秘訣(無料)
申込みはこちら

●「あなたの自立度を判定します」
診断はこちら

<一緒に、考えかたから世界を変えてみませんか?>
●考えかたをインストールして世界を変えるメールレター(有料)
申込みはこちら

 

『夢を叶える』を後押しする、3つの秘密❤︎こんにちは。 女性の自己肯定感向上が、子どもの未来を創る❤︎ 考えかたから世界を変える専門家、須田茉莉です。 ...
ABOUT ME
須田 茉莉
〜女性の自己肯定感向上が、世界を救う❤︎〜 考えかたから世界を変える専門家 はぴきゃりアカデミー第25期終了/i-colorオリーブ。 自己肯定感の低さゆえに、30年近くの間、何度も生死の間をさまよう経験をするが、何度目かの集中治療室で「わたし、何をやっているんだろう」と本当に目が覚める。その後、「自分の気持ち一つで世界が見違えるように変わり、どんどん幸せがやってきた」経験をもとに、一人でも多くの女性に「自分を大切にすること」の大切さを伝えるサポートをしている。 >>「MyCozy」